〜Aviation sometimes Railway 〜 航空・時々鉄道

航空や鉄道を中心とした乗り物系の話題や、「迷航空会社列伝」「東海道交通戦争」などの動画の補足説明などを中心に書いていきます。

航空会社

ジェットスタージャパン・成田ー庄内線就航決定。今後のLCC就航のトレンドは「地方路線の掘り起こし」?

4月17日、ジェットスタージャパンは8月1日からの成田ー庄内線の就航を発表しました。1日1往復で成田発は午後1時、折り返しの庄内発は午後2時50分発。ジェットスタージャパンにとっては初めての東北路線となるほか、山形県にとっても初のLCC就航となります。 …

アシアナ航空売却で韓国やアジアの航空会社再編は起こる?

4月15日、韓国の大手航空会社、アシアナ航空を保有する大手財閥、錦湖(クムホ)アシアナグループは、金融支援と引き換えに保有するアシアナ航空株を売却すると発表しました。 アシアナ航空は1988年に韓国の航空会社参入規制が緩和された事に伴い、クムホグ…

JALのA350、9月1日の就航が正式決定。当日乗りに行きます(2便目だけど)

新年度がスタートした4月1日に新元号「令和」が発表され、来月の改元に向け世間はお祝いムードですね。737MAXの事故の件で進展がありましたが、当ブログも新年度一発目の記事くらいは明るい話題で行きたいと思います。 4月4日、日本航空(JAL)は9月に投入予…

愛知県との連携協定に新路線、エアアジアジャパンはようやく成長軌道に乗るのか

3月22日、エアアジア・ジャパンと愛知県は包括連結協定を締結しました。締結式にはエアアジアグループCEOのトニー・フェルナンデス氏も出席し、エアアジア側の本気度が伺えます。今後愛知県の観光振興や食のPRなどで連携し、具体的には西尾茶を使ったお菓子…

航空激戦区・台湾で「スターラックス航空」は成功する?

世間ではANAのA380受領と日本初飛来が大きな話題となっていますが、これはあえて無視して今日は他の話題を取り上げたいと思います。だって成田行ってないしw 今回は来年の就航を目指して準備を進めている台湾の新興航空会社・「スターラックス航空(星宇航…

機材のダウンサイジングが進む日本の航空会社。世界的には「国内線に大型機」って少数派なの?

気体のダウンサイジングが進む日本の国内線と、世界の「国内線」の大型機投入状況をまとめました。

JALの新LCC「ZIPAIR」正式発表。成功するかは今後の路線展開とブランディングがカギ

3月8日、JALが設立する中長距離路線LCCの名前が「ZIPAIR」に決まり、今日の記者会見で正式発表されました。2020年夏スケジュールからボーイング787-8型機2機を使用し、成田ーバンコク線とソウル線に就航する予定です。2021年にはETOPS(双発機の長距離洋上飛…

JAL中期計画ローリングプラン改定、中距離LCCの姿も見えてきた?

2月25日、JALは2017‐2020年度中期経営計画ローリングプランの改訂版を発表しました。同時に発表された中距離LCCの参入を始め、先日の路線便数計画でも発表されたエアバスA350と国内線用787の投入や、顔認証システムやセルフバゲージドロップの導入などによる…

羽田発着枠のアメリカ航空会社割り当ての行方

前回アップした車内販売終了に関する記事が過去になかった勢いでPV数が伸び、多くのスターやブックマークを頂きました。スマートニュースにも載ったみたいで、今そちらからのアクセスがもの凄い勢いです。皆様本当にありがとうございます! www.meihokuriku-…

エアバスA380生産終了決定。「世界最大の超大型機」が残したもの

以前から生産中止が噂されていたエアバス社の超大型機「エアバスA380」ですが、遂に2019年2月14日、エミレーツ航空の39機キャンセルを受ける形で生産終了が発表されました。今後受注残の機体を納入したのち、2021年に生産終了となる見込みです。 www.aviatio…

羽田空港の国際線配分で日米路線が半分近くに。どこに何枠配分される?

2月12日、石井国土交通大臣は記者会見で2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた羽田空港国際線の発着枠について、日本とアメリカの航空会社に12便ずつ割り当てると発表しました。国際線の発着枠増加は50便なので、半数近くが日米路線の増強に充て…

ANAが737MAX 8を発注。世界的にも珍しいA320と737の共存はまだまだ続く・・・

1月29日、ANAホールディングスはボーイング737MAX 8を最大30機発注すると発表しました。737-800型の後継機として2021年度から2025年度にかけて納入される予定で、内訳は確定発注20機、オプション発注10機となります。 737MAXシリーズの発注は以前スカイマー…

「バニラエア」2019年10月26日で運航終了・・・最後の路線はどこになる?

今日まで東京方面に旅行に行ってきました。色々乗り物関係も廻って来たのでその記事でも書こうかと思ったら、バニラエア運航終了日決定のニュースが入って来たので先にそっちを書きます。 以前より2019年度中のピーチとの統合が決まっていたバニラエアですが…

地域航空会社の業務提携は地方路線維持の切り札になるか

12月10日、新聞各紙が日本エアコミューター(JAC)、天草エアライン(AMX)、オリエンタルエアブリッジ(ORC)、北海道エアシステム(HAC)、ANAウィングスの地域航空会社5社が共同運行やパイロット訓練、機材共通化の面で業務提携する方向で最終調整している…

東急の大番頭・東亜国内航空再建に尽力した田中勇ってどんな人?

前回の記事でもお伝えしましたが、先日「東急の空の野望」第2回をアップしました。 第3回も現在編集中、近いうちにアップする予定ですので今しばらくお待ち下さい。 迷航空会社列伝「東急の空への夢」 第2話・東亜国内航空 第2回でこの話の主役ともいえる東…

続・相次ぐ航空会社の酒に関する不祥事 ~判決が出たロンドンの過剰飲酒事件に思う事~

先日、「東急の空への夢」第2話をアップしました。まだご覧になってない方は是非見て下さい。第2話から本格的に登場した東急の大番頭・田中勇氏については改めて補足記事を書く予定です。 迷航空会社列伝「東急の空への夢」 第2話・東亜国内航空 さて、今回…

酒は飲んでも呑まれるな・・・相次ぐ航空会社の酒に関する不祥事

すいません、仕事が忙しいのと新作動画の制作でブログの方が滞り気味になっていました。しばらくぶりに更新する内容が不祥事関係と言うのもアレなんですが・・・ 10月28日、ロンドン・ヒースロー空港発羽田行きのJAL44便に乗務予定だった副操縦士が、イギリ…

意外と広範囲?航空会社の本社所在地

2代目エアアジア・ジャパン関連でもう一つ。動画内で「愛知県に本拠を置く唯一の航空会社」と書きましたが、実際のところ、日本の航空会社の本社所在地はどのようになっているのでしょうか? 気になったのでまとめてみたのですが、意外や意外、思ったよりも…

ローカライズ化する航空会社が増えている?(後編)

前編に引き続き、ローカライズ化した航空会社を紹介していきます。前編をまだご覧になっていない方は先にこちらをご覧下さい。 www.meihokuriku-alps.com この記事を書くきっかけになった2代目エアアジア・ジャパンについてはこちらの動画をどうぞ。 迷航空…

ローカライズ化する航空会社が増えている?(前編)

迷航空会社列伝、今回はエアアジア・ジャパン(2代目)を取り上げました。YouTubeでは既に公開中ですが、本日ニコニコ動画の方にもアップしましたので、そちらもどうぞご覧下さい。 迷航空会社列伝「郷に入ってもゴーイング・マイウェイ」2代目エアアジアが…

バリューアライアンスと既存の三大アライアンスとの違い

名航空会社列伝「リゾートに咲いた白く儚い花」究極のリリーフ・バニラエア バニラエア関係でもう一つ補足説明です。動画内で多少触れたものの、詳しい説明は省略したLCC初の航空アライアンス「バリューアライアンス」について、もう少し深く掘り下げます。 …

結局、バニラエアは成功だったのか。失敗だったのか。

迷航空会社列伝、今回は前回からの続き物でバニラエアを取り上げました。 名航空会社列伝「リゾートに咲いた白く儚い花」究極のリリーフ・バニラエア 前回の初代エアアジア・ジャパンからの続き物ですので、まだの方はこちらをどうぞ。 迷航空会社列伝「水と…

日本貨物航空、整備記録改ざんと事故隠蔽で業務改善命令喰らう。

日本郵船グループの貨物航空会社「日本貨物航空(NCA)」が航空機の整備記録を改ざんしていたとして、国土交通省から「業務改善命令」を出されてしまいました。この他にも報告義務がある事故報告を怠ったなど、安全管理が極めてずさんだと判断され、航空事業…

ピーチのA321LR発注とHACのATR発注

かねてより中距離国際線への参入を計画していたピーチですが、いよいよ具体的な動きが出て来ました。7月17日、ピーチは既に発注しているA320neo10機のうち2機を切り替える形で、A321neoの航続距離延長型のA321LRを発注しました。もちろん、日本初のA321LRの…

「合弁会社」で明暗を分けたエアアジア・ジャパンとジェットスタージャパン

ほぼ2か月ぶりの投稿となりました迷航空会社列伝、今回は初代エアアジア・ジャパンを取り上げました。ANAとエアアジアとの合弁で作られた会社でしたが、結果はご存知の通り1年ちょっとで合弁解消、会社はANAが引き取って別ブランドでのLCCでの出直しと言う結…

日本に影響を与えた海外のLCC

東海道交通戦争、今回は日本のLCCについて取り上げました。 東海道交通戦争・最終章⑤「和製LCC三国志」 一般的にはピーチ、ジェットスタージャパン、エアアジアジャパンが相次いで就航した2012年を「LCC元年」と呼んでいますが、実際のところはその前から海…

JAL再建問題の「負」の部分

東海道交通戦争、今回は2回に渡ってJALの再建を取り上げました。 東海道交通戦争・最終章②~沈んだ太陽は再び昇るのか~カリスマ経営者最後の挑戦 東海道交通戦争・最終章③~陽はまた昇る~意識改革と部門別採算制度が起こした奇跡の復活劇 正直、JALの再建…

JALの長距離LCC参入発表、新たな路線開拓に期待

先日の一部報道でJALの中長距離LCC参入のニュースが報じられましたが、今日、正式に参入計画が発表されました。7月に準備会社を設立し、2020年の春ダイヤをメドに就航を目指す計画です。 headlines.yahoo.co.jptrafficnews.jp LCC事業に積極的なANAに対し、…

イラン航空の「古い飛行機を大切に使いましょう計画」継続?

今週はJALの長距離LCC参入やエールフランスの経営危機など大きなニュースが多かった航空業界ですが、ここに来てアメリカのイラン制裁のニュースが飛び込んできました。制裁対象には航空機の輸出も含まれ、アメリカ製のボーイング機はもちろん、アメリカ製部…

ANAのA380デザインと機内仕様公開、これは本気でハワイ路線を獲りに来てる!

ANAが2019年春をめどに成田ーホノルル線に投入を予定しているエアバスA380の機内仕様とデザインが発表されました。 trafficnews.jp ANAのA380、エコノミーにカウチシート ファーストはドア付き、4クラス520席 座席数は2階席がファースト8席、ビジネス56席、…